Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

マラソン川内選手の2020年東京五輪出場は?引退表明の事実とは

マラソン川内選手の2020年東京五輪出場は?引退表明の事実とは

朝のニュースでも川内選手のボストン・マラソン初優勝で、31年ぶりの日本人優勝の報道がありましたが、

夕方のニュースでは、2020年の東京五輪に出場するかどうかということを話題に取り上げていました。

 

なんでも川内選手は、すでに国際大会など日本代表として引退表明をしているそうです。

瀬古理事はせめて予選会だけでもと言っているのですが、川内選手に届くのでしょうか?

 

 

朝のニュース報道記事

コンディションが悪い中での優勝ということで、周りからも期待されていなかっただけに、川内選手の優勝という快挙が報道されました。

 

川内選手ボストンマラソン で初優勝!公務員昇進?地元は【らきすた】

瀬古利彦さんは?

東京オリンピックには出てもらいたいと言っていますね。

「予選会だけでも出てくれといいます」

瀬古さんがいう出場理由は速さだけではないといいます。

 

彼から若い人は学ばなければならないと言います。

 

川内選手は、コンディションが悪くても結果を出すことなどをあげています。

若い人にもその姿を見てもらいたいそうで、日本記録保持者の設楽悠太選手「同じ舞台で一緒に走りたい」とコメントしていました。

 

ただ、川内選手は一旦口に出すと聞きませんという性格のようで、瀬古利彦さんが声をかけて2020年の東京オリンピックに出場するかは今後も気になるところです。

 

日本代表の引退表明理由

composita / Pixabay

川内選手は日本代表の引退表明をしています。

その理由は、2020年(8月開催予定)の東京オリンピック(男子マラソン)は暑さも加わるので、これ以上の順位(9位)を臨むのは難しい「今後は若い選手達の刺激になるような存在に成れれば良いです」

 

世界陸上に3度挑戦するも結果が残せなかったのも理由なのかもしれません。

東京五輪の代表2枠を決める「グランド・チャンピオンシップ」(19年9月以降)の出場権は昨年12月に獲得しているので、こちらには出場するかも注目されそうです。

 

常識破りの川内優輝マラソンメソッド (SB新書) [ 津田誠一 ]

 

おわりに

公務員ランナー川内選手が日本人で31年ぶりに優勝するという快挙を朝から報道されています。

川内選手の東京五輪出場は気になるところですが、引退表明をすでにしているので性格からも難しい気もするのですが、個人的には出場に期待したいところでもあります。

ただ東京五輪の代表2枠を決める「グランド・チャンピオンシップ」(19年9月以降)の出場権は昨年12月に獲得しているそうなので、グランド・チャンピオンシップには出て欲しいと思いました。