Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ロッテ生チョコパイ専門店東京にオープン!待ち時間や混雑状況は?お土産にも

ロッテ生チョコパイ専門店東京にオープン!待ち時間や混雑状況は?お土産にも

4/19にロッテの生チョコパイ専門店がオープンしましたね。

食べたかった!

欲しいのがなかった。

 

などオープン後の反響も様々です。

生チョコパイ専門店オープン後の様子などをまとめてみたいと思います。

 

生チョコパイ専門店登場

ロッテ生チョコパイ専門店が1年間限定で新宿の京王百貨店にオープンしました。

何がそんなに話題になっているの?

ポイントは、

みんなが好きなロッテのチョコパイが生チョコパイになって専門店に登場

1年間の限定販売 (2018/4/19~)

プロデュースが人気パティシエの鎧塚俊彦さん

消費期限が2日

百貨店での出店はロッテで史上初

テイクアウトでの販売 (京王百貨店 新宿 中地階の菓子売場)

 

 

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目1−4
京王線「新宿駅」京王百貨店口/ JR「新宿駅」中央西口(京王口)1分
営業時間: 10:00~ 20:30
電話: 03-3342-2111

みんなが好きなロッテのチョコパイが生チョコパイになって専門店に登場

1983年の発売以降、長きにわたり大好評のロッテのチョコパイは、大人も子供も大好きですよね。

我が家にも定番のおやつで、パーティーパックを買ってきてあってもすぐになくなるほどの人気ぶりなんです。

 

そのチョコパイが生チョコパイになって専門店に登場することになれば関心は高まります。

苺とピスタチオ・抹茶とくるみ・珈琲とマカダミア・ラム酒とラムレーズン

種類は全部で4種類あって、値段も540円です。

 

1年間の限定販売 (2018/4/19~)

さらに生チョコパイの専門店で販売される期間が1年間と限定されてオープンしています。

その後については未定だと思いますが、限定販売に女性は弱いですし、期間限定となると食べたくなるのが常ですよね。

 

プロデュースが人気パティシエの鎧塚俊彦さん

 

カーテンコール [ 川島なお美 ]

そしてプロデュースしているのが人気パティシエの鎧塚俊彦さんです。

 

人気パティシエの鎧塚俊彦さんがどんな生チョコパイを作るかが話題にもなっていました。

チョコパイを超えた贅沢な生チョコパイが完成しました。

 

 

こんな商品も販売しています。

【エントリーでポイント5倍】Toshi Yoroizuka 鎧塚俊彦 シリコンヘラ

 

【エントリーでポイント5倍】Toshi Yoroizuka 鎧塚俊彦 シリコンハケ

【エントリーでポイント5倍】Toshi Yoroizuka 鎧塚俊彦 シリコン・フィナンシェ型 6P

 

百貨店での出店はロッテで史上初

消費期限が2日と生チョコパイは消費期限も短くなっていますので、ネット販売などは行っていません。

購入できるのは店舗だけとなっていますので、新宿京王百貨店まで足を運ばないと購入することができないんです。

テイクアウトでの販売 (京王百貨店 新宿 中地階の菓子売場)となっています。

 

待ち時間や混雑状況は

夜でもこの行列です。

行列は覚悟で並んでも買いたいですが、欲しい商品が売り切れの場合は諦めて帰る場合も。

 

チョコパイを超えているという生チョコパイ。

食べてみたい。

https://twitter.com/hamunmun/status/988063612345303040

 

 

全種類を食べ比べされているのはすごいですね。

鎧塚俊彦シェフらしいテイストらしいですよ。

 

高いけどオススメ♪

高いけどおいしい。

 

並んでまで買ってきてくれた話題の生チョコパイは格別ですよね。

https://twitter.com/ChocolatKaorili/status/987188956499402753

ロッテ生チョコパイの専門店が東京にオープン!場所や期間はいつからいつまで?

おわりに

チョコパイ新体験ということで、皆さんのレビューなどを紹介しました。

めざましテレビでも放送されていたみたいですね^^

 

やはり評判通り、オープン前から食べてみたいと思う人が多かったようですが、さっそく買ってきたという方やお土産にいただいたという方もいましたね。

チョコパイのように気軽に食べるおやつというよりは、フォークとナイフでいただく、贅沢スイーツですね。

個人的は、コーヒーとマカダミアがおいしいというレビューが多かったように思います。