Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

おすそ分けの仕方!潮干狩りのあさりやハマグリの保存や砂抜きの方法など

おすそ分けの仕方!潮干狩りのあさりやハマグリの保存や砂抜きの方法など

木更津に潮干狩りに行ってきました。

たくさん取れたハマグリやあさりをおすそ分けするのに、砂抜きしてからどのように処理して渡せばいいのかわかりませんでした。

そこで、普段は砂抜きして冷凍保存にしてしまうのですが、生でおすそ分けする方法をまとめてみたいと思います。

 

 

潮干狩りであさりやハマグリはどう持ち帰るか

 

千葉木更津2018年の潮干狩りはいつまで?GWの日程潮見表をチェック!

潮干狩りであさりやハマグリはどう持ち帰るかって悩みませんか?

自宅が近ければ海水にあさりを入れて砂抜きすればいいのですが、6時間くらいは砂抜きに必要ですのであまりオススメはできません。

高速に乗って何時間もそのままの状態では、貝も弱ってしまいます。

 

まず潮干狩りで取れた貝は、網ごと砂などを海水で洗って汚れをとります。

その後、真水で貝を洗います。

私が貝を真水で洗っていると、何やら「貝は真水で洗っちゃダメなんだよね~」って後ろの方から声がしました。

 

砂を落とした貝を真水で洗うのは、貝についている腸炎ビブリオなど食中毒菌を防ぐためです。

さっと水で洗うくらいなら大丈夫なんですよ。

長い時間水につけてしまうと貝は死んでしまうので注意しましょう。

そして網に入った貝を洗って、保冷剤や水を入れて凍らせたペットボトルと一緒にクーラーボックスに入れて持ち帰ります。

貝を冷やすのではなく、温度の上昇を抑えるという意味で使います。

 

貝が少なければ、濡れた新聞紙にくるんでクーラーボックスに入れて持ち帰るという人もいます。

多ければいくつか新聞紙に貝を分けてもいいですね。

 

ペットボトルが理想ですが、バケツや袋などでも直射日光があたらない涼しい所に置き、酸素不足にならないように持ち帰れば大丈夫です。

 

持ち帰りができる海水がありますので、貝の量にもよりますが、貝3kに対して2Lのペットボトル2本くらいを目安に入れています。

 

 

【送料無料】蓄養はまぐり 5年もの5cm〜6cmサイズ蛤(ハマグリ)2kg(40粒前後)入♯貝 はまぐり ハマグリ 蛤 バーベキュー 海鮮 海鮮バーベキュー 直送

 

 

 

 

潮干狩りのあさりやハマグリの砂抜き

 

貝の砂抜きは6時間くらい~1日、海水を入れたボールなどに貝を入れて涼しく暗い場所に新聞紙を上にかけて置きます。

動画では寒い時期で3時間でいいと解説していますが・・・

海水が貝をおおって、少し表面が出る程度でOKです。

海水がない場合は、水1Lに対して10~30gの塩で作ります。

 

塩抜きは砂抜きした貝を1時間ほどザルなどに上げて、そのままにしておきます。

流水でガチャガチャと貝を洗い流します。

調理する時にもう一度よく洗ってください。

 

お湯で砂抜き

 

貝をお湯で砂抜きする方法です。

簡単に砂抜きができるので、この方法を覚えておくてお便利です。

 

調理する前にはまぐりなど貝を水洗いしをしてから、鍋に45~50度のお湯を入れてはまぐりをつけておきます。
この状態で5~10分程度放置で砂抜きはOKです。

 

潮干狩りのあさりやハマグリの保存

 

あさりやハマグリの冷蔵保存は、濡らした新聞紙やペーパータオルなどに貝を包んで冷蔵する。

3%の塩水を作り、あさりをボールなどにひたひたにつかる程度に入れ、上に新聞やラップをかるくかける。

 

 

貝は冷凍保存ができるって知っていますか?

冷蔵保存の目安は2~3日ですが、冷凍することで、貝も長く保存することができます。

1~2ヶ月は冷凍で保存ができますので、おいしくいただけますよ。

 

ハマグリの酒蒸しなども参考に作ってみてはいかがでしょうか?

 

所さんの目がテンで放送されたホンビノス貝って?安くておいしい理由やレシピ

 

 

おすそ分けの仕方

 

おすそ分けの仕方を考えた時に、砂抜き、塩抜きした貝を濡らした新聞紙にくるんで冷蔵庫に入れておき、渡す前に保冷剤などを入れた保冷バックに貝を入れて渡そうと思います。

すぐに冷蔵庫に入れてもらって、もう一度よく洗ってもらってから調理して食べてもらえればいいのかなと思います。

 

おわりに

今年の潮干狩りはハマグリが大量でしたが、あさりはイマイチでした。

その年によってあさりがたくさん取れたりするのですが、あさりが少ないというのは初めてでした。

潮干狩りはまだできますので、これから行かれるという人もいるかもしれません。

 

今回は、お湯で砂抜きが簡単にできる方法を知ることができたので、時間がない時に覚えておくと便利だと思いました。

参考にしてみてください。

 

 

【送料無料】 <お徳用パック> 有明特産 炊き込みご飯やおつまみに美味しい 汐吹きあさり  130g【smtb-ms】 そのまま食べるあさり/乾燥あさり/味付けあさり