Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

酢ピーナツの作り方や味は?健康効果や保存期間も!『この差って何』で紹介

酢ピーナツの作り方や味は?健康効果や保存期間も!『この差って何』で紹介

TBSテレビ番組のこの差って何では、トマト&酢の健康効果の差!高血圧に新習慣…酢ピーナツに川田仰天SPとして放送される予定でいます。

この中で気になることは、酢ピーナツの味についてや作り方

酢ピーナツの作り方や味は?健康効果や保存期間も!『この差って何』で紹介についてもをテーマにまとめてみたいと思います。

 

この差って何ですか?

TBS放送 2018年6月19日(火)  19時00分~20時00分

タイトル・内容:衝撃!ミニトマトとプチトマトの差★赤黄緑黒ミニトマトの色で健康効果が全然違う★米酢・黒酢・リンゴ酢・ゴマ酢…優秀すぎる酢ピーナツ★あさりの味噌汁+酢が最強!

  • ★毎日20粒!酢ピーナツがすごい…高血圧予防に新習慣★カルシウムが4倍に!あさりの味噌汁にお酢が必須なワケ★体がだるい…疲労回復にいいのは「お酢+豚肉」 or 「お酢+米」どっち?お疲れ気味のあなたにおススメ★

引用:https://tv.yahoo.co.jp/program/45300322/

 

こちらのタイトルや内容を見ると、酢ピーナツを食べると効果がすごそうだなということや、疲労回復にもオススメの組み合わせや

あさりのお味噌汁にお酢がいいんだなということですよね。

そこで番組放送前に酢ピーナツについて調べてみることにしました。

 

すると、このような本が販売されていることがわかりました。

10日間で3キロやせたと書いてありますよね^^

このような効果も酢ピーナツにあるならやってみたいなと思いました。

 

そうなると、酢ピーナツの作り方についても知りたいですよね。

酢ピーナッツでやせる!血管を強くする!/渡辺尚彦/関口絢子【1000円以上送料無料】

酢ピーナッツで生活習慣病を予防しましょう!お酢に漬けるだけで完成。
1ヵ月保存!1日20粒で体が変わる!おいしく食べられる30レシピ。

 

酢ピーナツの健康効果について

 

高血圧予防に効果的と言われています。

お酢には血圧を下げる働きがあります。

さらにピーナツの薄皮にも同様の効果があり、高血圧を予防します。

また、ピーナツ油のオレイン酸が悪玉(LDL)コレストロールを下げ、動脈硬化を予防します。

 

酢ピーナツの作り方

Couleur / Pixabay

 

米酢、リンゴ酢、黒酢、香酢など、好みに合わせて使用します。

この時気をつけることは、塩や砂糖が入った酢は使わないようにしましょう。

甘味のあるりんご酢がオススメです。

 

材料

薄皮付きピーナッツ 200g

酢 300mL (調味酢は避けてください)

作り方

1. フタ付きの容器に薄皮付きのピーナッツをいれ、かぶるくらいの酢を注ぎます。

2. 冷蔵庫で保存し、3日~5日ほどで食べごろになります。

 

1日10粒~20粒を目安に、冷蔵保存で1か月以内に食べ切るようにします。

 

ミツカン リンゴ酢(1.8L)

 

新豆!平成29年度産【送料無料】千葉県産ナカテユタカ素煎り240g(120g×2袋)【ゆうメール発送】こだわりの≪海岸もの原料使用≫【ピーナッツ】【ガッテン】【ポッキリ】ym ym

 

新豆!はねだし落花生1kg以上【送料無料(中国地方除く本州)】【豆類ランキング1位】千葉県産高級落花生はねだし 総重量1kg以上の圧倒的なボリューム!(340g×3袋)【超大盛り】【千葉産ピーナッツ】【訳あり】yp

 

酢ピーナツの味は

 

ピーナツは乾燥していて、パサつきや歯に挟まるのが苦手という人もいるかもしれません。

この酢ピーナツにはそれがないということで、食べやすくなっています。

酢ピーナツの味については、好みがあるかと思いますが、酢の物が食べられる人なら大丈夫という感想がありました。

好みではちみつを加えて作ってもいいかもしれませんね。

 

酢ピーナツの保存期間

酢ピーナツの保存期間は、冷蔵で1ヶ月です。

冷蔵に入れて早めに食べきるようにしましょう。

 

テレビ放送後内容

夏にとって欲しいのがお酢です。

夏バテ予防・疲労回復・脂肪燃焼・血圧上昇や血糖値上昇を防ぎます。

加熱しても成分が壊れにくいので最強の調味料と言われています。

多くの人がお酢の食べるタイミングや食べ合わせを間違えているといいます。

健康効果に差がでる効果的な取り方は?

スタジオには33種類のお酢が並びます。

お酒の数だけお酢があるといいます。

 

どのお酢でも健康効果は変わりません。

より効果的なお酢の取り方は?

高血圧予防の食材は?

血管を広げ血圧上昇を抑えるには?

 

大さじ1杯のお酢を毎日撮り続けると、8週で血圧が150の数値が140になったそうです。

その後お酢をやめると、元に戻ってしまいました。

お酢は毎日とらなければ効果がないといいます。

 

お酢と一緒に食べると高血圧予防になるのは、ピーナツでした。

オレイン酸という油が悪玉コレステロールを減らす作用があるといいます。

お酢と一緒に酢ピーナツを食べるとより多くの悪玉コレステロールを減らすことができます。

 

より効果的な食べ方は、お酢にピーナツを3日間つけておくと、ピーナツのオレイン酸が吸収されやすくなります。

ピーナツの皮にはポリフェノールが含まれていますので、皮付きピーナツで作ります。

その味は?食べやすくておいしいといいます。
毎日20粒ほど食べるといいそうです。

朝、食べるのが効果的だといいます。

 

 

お酢の酸味が気になる方は、はちみつを入れてもいいそうです。

お酢のどっち?

お酢とある食材を一緒にとると疲労効果が高まるそうです。

ご飯と酢を一緒にとるのがいいそうです。

疲労回復には、糖と酢酸を一緒にとると短時間でエネルギー吸収率が高まるそうです。

 

それからお酢入り牛乳がいいそうです。

牛乳のカルシウムは吸収されにくいといいますが、お酢と一緒にとると

120mlの牛乳にお酢とはちみつを大さじ1杯ずつ入れます。

ヨーグルトシェイクみたいでおいしいといいます。

 

 

お酢+あさりのみそ汁

お酢は調理をする時に入れます。

お酢の酢酸により、あさりのからについているカルシウムが溶け出して4倍になるそうです。

あさり100gに水400ml

お酢 大さじ1

沸騰後8分加熱して味噌をいれます。

 

黒酢を飲むと予防できるのは?

冷え性でした。

冷え性の主な原因は代謝の低下 エネルギーが燃焼できない

黒酢には代謝を活発にさせるアミノ酸が含まれています。

黒酢にはアミノ酸が豊富です。

 

代謝をあげるので、冷え性対策には黒酢がいいそうです。

水150mlに大さじ1杯の黒酢を入れて飲みます。

 

二日酔いにもいいそうです。

 

 

酢ピーナツの作り方や味は?健康効果や保存期間も!『この差って何』で紹介

おわりに

酢ピーナツには健康効果だけではなく、ダイエット効果もあるようです。

低糖質で食物繊維や積極的に摂りたい油が豊富に含まれています。

ピーナッツには良質の油が含まれ、コレステロールや中性脂肪を減らします。

さらに血管を強くする働きがあると酢ピーナツは今後注目されると思います。

酢ピーナツの作り方も簡単なので、薄皮付きのピーナツとお酢で酢ピーナツを作ってみようと思います。