Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

佐賀県多久市の一部避難2018について!牛津川氾濫詳細

佐賀県多久市の一部避難2018について!牛津川氾濫詳細

7/6(金)も大雨が続き、道路冠水や土砂災害、さらに佐賀県多久市の一部では夕方に避難指示も出ています。

ニュースやtwitterなどで情報を確認してみてください。

各地でも大雨で警戒情報や氾濫情報などが出ていますので、注意が必要です。

 

佐賀県多久市の一部避難について

NHKのWEBニュースでは、東多久町の一部の地域に避難指示が出されています。

 

多久市の一部に避難指示
07月06日 16時07分多久市は、牛津川の水位が上昇し氾濫の危険があるとして東多久町の一部の地域の488世帯1205人に避難指示を出しました。

 

災害名 平成30年7月5日~ 大雨
発信者 多久市
種別 避難指示 発令
理由 牛津川の水位上昇のため
対象地区
[7月06日 15時30分]東多久町 渋木/古賀一区/古賀二区東/古賀二区西/羽佐間/石原/古賀山/古賀平総対象世帯数 488世帯 1,205人
注意喚起等 牛津川の水位上昇のため 【避難所】納所交流センター 東多久公民館 北多久公民館 南多久公民館 西多久社会体育館 多久公民館
参照:https://www.pref.saga.lg.jp/bousai/kiji00362710/index.html

 

防災・減災さが

 

 

牛津川氾濫詳細について

 

 

氾濫危険情報として注意が必要な状況です。

牛津川では、氾濫危険水位(レベル4)に到達し、氾濫のおそれあり。

 

氾濫危険情報2018/7/6 8:10更新
参照:https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/river/8909040003/

 

情報をtwitterで確認する

 

 

 

 

動画情報

佐賀テレビの情報

 

7月6日 16時48分 活発な前線の影響で、九州から関東甲信にかけての各地で記録的な大雨となり、この時間は九州北部を中心に非常に激しい雨が降っています。気象庁は「西日本と東日本では、今後、重大な災害の発生するおそれが著しく高くなって大雨の特別警報を発表する可能性がある」として、土砂災害や川の氾濫などに厳重に警戒するよう呼びかけています。増水した川や用水路、急な崖など危険な場所には絶対に近づかず、早めの避難を心がけてください。参照:https://www3.nhk.or.jp/news/special/saigai/heavy_rain0705/?utm_int=detail_contents_news-link_001

 


参照:https://www.sagatv.co.jp/nx/news/detail.php?id=3150

公式サイトから新しい情報を確認してください。

 

 

 

平成30年 7月 6日16時11分 佐賀地方気象台発表

佐賀県の注意警戒事項
佐賀県では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒してください。また、佐賀市に土砂災害警戒情報を発表中です。佐賀市 [継続]大雨(土砂災害、浸水害),洪水警報 雷注意報特記事項  土砂災害警戒 浸水警戒参照:https://www.city.saga.lg.jp/main/?emp=503

 

佐賀市役所公式サイト

 

気象庁の注意情報

気象庁からの注意情報です。

平成30年 7月 6日16時11分 佐賀地方気象台発表

佐賀県の注意警戒事項
 佐賀県では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒してください。

佐賀市 [継続]大雨(土砂災害、浸水害),洪水警報 雷注意報 
特記事項 土砂災害警戒 浸水警戒
土砂災害 警戒期間 7日夕方にかけて 以後も続く
注意期間 7日夕方にかけて 以後も続く
浸水 警戒期間 6日夜のはじめ頃まで
注意期間 7日昼前まで
1時間最大雨量 80ミリ
洪水 警戒期間 7日朝まで
注意期間 7日昼前まで
雷 注意期間 7日昼前まで
付加事項 氾濫 竜巻
参照:http://www.jma.go.jp/jp/warn/4120100.html

 

土砂災害についてはこちらから確認ください。

公式サイト

おわりに

 

大雨が続いていますので、気象庁の警戒は7日(土)にかけても注意が必要とありました。

現在佐賀県の一部で避難がされていますが、近所の河川などの氾濫情報についても十分に気を付けてください。

新しい情報をニュースや気象庁、市役所サイトやtwitterからいち早く取り入れて確認をしてみてください。