Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

水キムチレシピ紹介!善玉菌と乳酸菌で便秘解消効果は?(この差って何)

水キムチレシピ紹介!善玉菌と乳酸菌で便秘解消効果は?(この差って何)

7/31(火)のこの差って何では、乳酸菌に最強の新習慣「水キムチ」が紹介されます。

水キムチの善玉菌効果や乳酸菌で便秘解消効果はどうなんでしょうか?

レシピや食べごろについてもまとめてみたいと思います。

 

この差って何ですか?

2018年7月31日 (火) よる 7時00分〜からTBSテレビで放送される「この差って何」では、最強「水キムチ」の秘密という内容で紹介されます。

 

疲労回復に良いのは、漬物には植物性の乳酸菌は腸の中で悪玉菌を退治してくれるのでいいそうです。

疲労回復により効果的なのは、キムチとぬか漬けのどっち?

正解はキムチでした。

乳酸菌の量を見てみると、ぬか漬けの10倍の量ありました。

この理由は、発酵にかけている時間があるといいます。

 

キムチは時間をかけているので、発酵も多いといいます。

ぬか漬けは乳酸菌がほとんど水で洗い流されてしまうので、キムチの方が多くなります。

ビタミンBはぬか漬けの方が多いそうです。

 

白澤先生オススメなのが、水キムチです。

 

 

お米のとぎ汁をまず用意します。

塩を加えてひと煮たちし、冷まして容器に入れます。

野菜を切っていれて、常温で半日おいたらできあがりです。

 

お米のとぎ汁が乳酸菌が入っていて、お米の中の糖分で発酵していきます。

水キムチには、キムチの3倍も乳酸菌がありました。

 



水キムチのレシピ

水キムチの作り方レシピを紹介します。

野菜は、はくさい、きゅうり、大根などが一般的ですが、その他にもミニトマト、セロリ、パプリカ、キャベツ、小松菜などで作っているレシピもあります。

 

基本のつけ汁の材料です。

水       400cc

塩       小2

上新粉     小1

りんご     1/2個

しょうがの薄切り 5枚

にんにくの薄切り 2枚

酢       大3

 

また、代用としてお米のとぎ汁やごはんでつけ汁を作ることもできます。

こちらを参考にしてみてください。

水キムチの作り方(米のとぎ汁)

 

作り方

1. 野菜は皮のまま切り、塩(小2)をふって軽くもみ、20~30分おきます。

塩でもんだ野菜は、水をきって水で洗いし、水気をふき取ります。

2. 鍋に水、塩、上新粉の順番で入れて、かき混ぜます。
ひと煮たちさせ、常温に冷ましておきます。

3. 2.の漬け汁の中にりんご、しょうがとにんにくの薄切りお酢を加えると、基本の漬け汁のできあがりです。

4. 空き瓶やジップロップなどに1.の野菜と3.のつけ汁を合わせ、冷蔵庫で1日寝かせてから食べます。

 

 

つけもと 水キムチの素(35g*2袋入)

 

徳山物産 水キムチの素 300ml

 

 

白菜と大根の水キムチ【水分350g・本体150g】植物性の乳酸菌が取れる発酵食品。白菜、大根、人参、胡瓜、リンゴ、セリが入ったヘルシーなお漬物です。具材だけでなく、熟成したスープも美味しく味わって下さい。冷麺のスープに入れても美味しいよ。

 

乳酸発酵漬け

今回は水キムチを番組で紹介していましたが、乳酸発酵漬けを調べてみると、塩水に野菜、乾物、果実などを漬けて数日おくと、乳酸発酵して食べることができます。

乳酸発酵を食べることで、腸内の善玉菌を増やし、便秘解消や免疫力アップることがわかりました。

こちらの「乳酸発酵漬け」の作りおき [ 荻野 恭子 ]では、発酵調味料のみそや豆板醬のレシピもあって、乾物や果物、肉、魚まで幅広く紹介されていました。

 

「乳酸発酵漬け」の作りおき [ 荻野 恭子 ]

 

 

おわりに

水キムチのことを調べていたら、乳酸発酵漬けの良い本をみつけちゃいました。

個人的に腸内環境を整えて便秘解消はもちろん、血中コレステロールを低下させたり、アレルギーにも良さそうな乳酸発酵漬けに興味を持ってしまいました。

最初はきゅうりなどの水キムチから作ってみたいと思います。

 

はいだしょうこの得意な絵をまとめてみた!動画でも確認

 

黄色いゴーヤは苦くない?この差って何ですかで放送の見分け方を紹介!