長生きホルモンってなに?「名医のTHE太鼓判」で増やす方法を紹介!

長生きホルモンってなに?「名医のTHE太鼓判」で増やす方法を紹介!

8/6(月)の名医のTHE太鼓判では、長生きホルモンで100歳になっても健康の秘訣

 

 

 

長生きホルモンを出すのによいのは?

 

長生きホルモンの正体は、アディポネクチンというものでした。

アディポネクチンは、私たちの体の脂肪(脂肪細胞)から分泌されています。

太りすぎでは、脂肪細胞が分泌されないので、中肉中背がよいといいます。

生活習慣:趣味

 

makamuki0 / Pixabay

まず、生活での趣味ですが、声をだして笑うのがよいといいます。

テレビでは、100歳の方が好むのは落語でした。

落語のテレビを見て笑うのが趣味ということでした。

 

笑うことで免疫力が上がるといいます。

ナチュラルキラー細胞で、風邪の予防になるそうです。

笑うふりでも効果があるといいます。

 

 

生活習慣:食事

 

stevepb / Pixabay

 

次に、食事で長生きホルモンを増やすのはどれでしょうか?という問題でした。

長寿の方で、毎日必ず食べているのは、豆腐、お肉、フルーツのどれでしょうか?

長生きホルモンが増える食べ物とは、豆腐でした。

豆腐のβコングリシニンが、中性脂肪、内臓脂肪を軽減します。

 

週に2回食べる101歳の鈴木さんが好きな食べ物に長生きホルモンの秘密がありました。

それは、うどん、パン、カレーのうちどれ?

正解は、カレーライスでした。

ターメリックには、(ターメリック)クルミンが含まれていています。

しょうがや赤唐辛子も長生きホルモンを増やす食べ物ですが、刺激が強いので、食べ過ぎに注意です。

 

 

朝の習慣

 

stevepb / Pixabay

 

102歳の女性はピアノ歴90年といいます。

篠原さんの朝の習慣が長生きホルモンを増やしていました。

ここで、問題です。

 

朝の習慣で、体操、入浴、座禅のうち長生きホルモンを増やすのはどれでしょうか?

正解は体操でした。

新陳代謝がたかまり、腰をひねり、内臓脂肪に刺激を与えると分泌がよくなるといいます。

全身を使う有酸素運動がいいといいます。

 

 

ガン細胞は元気な人でも5000個毎日生まれるといいます。

免疫細胞が全身をパトロールしながらガン細胞を攻撃します。

疲労や睡眠不足、ストレスが免疫細胞を減らしてしまいます。

 

20代がピークで40代になると免疫細胞は半分になります。

最近の侵入を防いだり、がん細胞などを撃退するのが、免疫細胞です。

免疫力を高めれば100歳でも健康でいられます。

 

 

 

免疫力アップ食材は?

 

Jing / Pixabay

 

正しい食生活、適度な運動、ストレス解消などが大切です。

食事でオススメは、免疫力アップする食材で、長生きホルモンを増やす食材でもあります。

それは、大豆でした。

 

大豆には、5代栄養素が含まれている「完全食材」といいます。

悪玉菌を減らす。

血管を拡張し、血流がよくなります。

 

 

大豆料理を作ってもらいます。

お水に一晩漬けて、蒸し大豆にします。

豆サラダにもよいし、お味噌汁に入れたり、甘辛く似てもいいといいます。

手軽にスーパーで買える蒸し大豆でもいいといいます。

 

テレビでは、蒸し大豆をミキサーにかけて、そのまま味噌汁に入れます。

呉汁で食べていました。

 

免疫力年齢が12歳老けているキンタローさんが、わずか2週間で免疫力が改善する方法を実践します。

それは、朝、昼、晩、食前に蒸し大豆を20粒食べることでした。

調理済みの蒸し大豆をそのまま食べるだけです。

 

【大豆】スーパー発芽大豆(100g×10袋)送料無料 たっぷり 1kg【大豆 国産 北海道産 だいずデイズ あさイチ】【ザ・ドクタージャッジ ドクタージャッジ ドクター ジャッジ 健康法 名医 蒸し大豆 蒸し豆 TBS 名医のTHE太鼓判 免疫力 大豆ファースト ソイファースト】

2週間後の結果は?

体感は変わっていないといいますが、医師も驚く結果が出ました。

改善前48歳⇒42歳と6歳若返りました。

 

免疫力はそう簡単に改善しないので、食生活が素晴らしいと言われています。

一般モニターの方も2週間で2キロ痩せたりと効果がありました。

 

腸内環境を良くする食べ方は?

おからは、食物繊維が豊富です。

 

からパウダーで腸内環境を改善するといいます。

ゴボウの8倍とも言われ長生きホルモンを像かします。

腸内環境の改善が、免疫力アップの近道です。

 

乾燥おから1Kg 4個(4Kg)セット

パン粉の代わりにおからパウダーを使ってチキンカツをつくりました。

ハンバーグやおにぎりに混ぜたりして食べました。

 

 おわりに

長生きホルモンは、アディポネクチンという脂肪細胞でした。

長生きホルモンを増やす方法として、食生活も大切なことがわかりました。

蒸し大豆や特に良いと言われているおからパウダーはオススメです。

 

過度なダイエットや野菜が苦手なきんたろうさんの免疫力年齢は、実年齢よりも12歳も増えていました。

それを改善するのが、蒸し大豆でした。

さらに、おからパウダーは、食物繊維が豊富なので、取り入れてみたいと思います。