かき氷をふわふわにする作り方は?村上佳菜子おすすめ紹介!ヒルナンデス

かき氷をふわふわにする作り方は?村上佳菜子おすすめ紹介!ヒルナンデス

夏と言えばかき氷。

今年はかき氷が売れ過ぎで、販売休止になった商品もありましたね。

本日のヒルナンデスは、ゲストが村上佳菜子さん。

なんと、1年で500杯もかき氷を食べるほど、大好きだと言っていました。

かき氷をふわふわにする作り方と、村上佳菜子さんおすすめのかき氷も紹介します。

 

 

ふわふわ氷の作り方

OpenClipart-Vectors / Pixabay

ヒルナンデスで紹介していたのが、ふわふわ氷の作りです。

 

1. 氷200gをレンジ対応容器に入れ、500wで約30秒温めます。

2. レンジから取り出し、3~4分常温(25℃くらい)おくだけです。

 

電子レンジで温めると表面がなめらかになるので、薄く削れ、ふわふわの触感になるといいます。

氷を温める?

って初めて聞きました。

スタジオで実際に削って、食べ比べをしていましたが、レンジで温めた方は、台湾のかき氷のようなふわふわで、氷だけでもおいしいと言っていました。

イチゴ味やメロン味のシロップって味が同じ?

 

イチゴ味やメロン味のシロップって味が同じなの?

という質問がありました。

「え~!そうなの?」

色が違うだけでシロップの味は一緒?

そこで、スタジオの友近さんが、目と鼻をふさいでイチゴ味のかき氷を当てます。

「鼻ふさいでいたら、味わからないよ」

友近さんは、不正解でした。

 

仙台クリックの松森院長が答えてくれました。

シロップの味は同じです。

知らなかったという人が多かったと思います。

スタジオでも同じような反応で「え~!」と言っていました。

 

実は、シロップ味は、果糖ブドウ糖液糖という甘味料で、同じ色の見た目と香りで、脳が錯覚して、それぞれ違う味を感じてしまうそうです。

香りと色で違う味だと思っていたんですね^^




かき氷をこぼさずに上手に食べる方法は?

 

かき氷をこぼさない方法に、カルデラ落としという食べ方があるそうです。

カルデラ落としは、中心をへこませて食べる方法です。

カルデラ火山から名前がついたそうです。

最初に氷をへこませることで、周りの氷を落とすことなく、こぼさずに食べることができます。

さらに、三段マグマというシロップを下、真ん中、上とかけると、崩れにくくなるそうです。

 

 

あぶりかき氷とは

村上佳菜子さんおすすめのかき氷は、「あぶりかき氷」です。

渋谷のセバスチャンというお店のいちごのクレームブリュレ、1200円は、今までにないかき氷だそうです。

 

おわりに

8/9(木)のヒルナンデスでは、自宅で作れる「ふわふわかき氷の作り方」でした。

氷をレンジで温めるという斬新な方法は、初めて知りました。

村上佳菜子さんのおすすめのお店のかき氷、いちごのクレームブリュレも新しいかき氷だと思いました。

機会があれば食べてみたいです。