Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

扇子の要が壊れた!自宅にあるボールペンの芯で修理する方法

扇子の要が壊れた!自宅にあるボールペンの芯で修理する方法

今年の夏は暑さがすごいですよね。

普段使っている扇子の要の部分が壊れてしまいました。

そんなに高いものではないけれど、自宅にある物で修理することができることがわかりました。

ボールペンの芯を使って修理したいと思います。

 

扇子の修理はできる?

《正絹無地扇子 黒骨【0-10】》【メール便{P10}】正絹扇子 シルク扇子《0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,10/女性用 男性用 紫×黄×緑×紺×黒×生成×茶×珊瑚×桃×薄浅葱 》(zr)

今年の夏は35℃以上の真夏日が多く、熱中症対策をしている人も多いと思います。

外出中は扇子が手放せません。

そんな重宝している扇子の要がふとした時に壊れてしまいました。

それほど高いものではないけれど、要の部分だけなので、なんとか修理ができないか調べてみました。

そこで、ボールペンの芯がいいことがわかりました。

 

扇子の要にボールペンの芯を利用

扇子の要が壊れてしまった時に、要にボールペンの芯がいいと知って、「サイズが合うの?」と思いました。

とりあえず、ボールペンの芯を差し込んでみることにしました。

「ピッタリ!」

誰が考えたんでしょうか?

最初に考えた人はすごいです^^

 

扇子の要の修理方法

 

キラキラ スワロフスキー デコレーション 扇子 【さりげないシンプルなデザイン】選べる5色!サプライズギフト間違いなし!お好みの扇子と合わせてご購入ください

 

扇子の要が壊れてしまった時の修理方法は2通りあります。

1つはライターを使う方法。

もう1つは使わない方法です。

今回、私はライターを使わずにはさみだけを使いました。

 

 

手順

1. ボールペンの芯を扇子の要に差し込みます。

この時、扇子がバラバラにならないように、輪ゴムなどでまとめておきます。

2. ボールペンの芯を適当なサイズで切ります。

3. ボールペンの芯を両端、花びらのように切り目を入れて広げます。

4. 長さなどを修正したら完成です。

 

 

ライターを使う方法ですが、きれいに仕上げたい方は参考にしてみてください。

DIY 扇の要(かなめ)修理 (京鹿ノ子舞扇之要娘之手直)

参照:https://www.youtube.com/watch?v=RhdXhGdDNRA

 

 

おわりに

今回は、高い扇子ではなかったので、ボールペンの芯で花びらのように広げて修理しました。

何かの場合に覚えておいて損はありませんよ^^

プレゼントにいただいた扇子などでしたら、きれいに要の部分を修理したい場合は、くぎとライターを使う方法

も参考にしてみてくださいね。