Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

花咲徳栄2戦目は横浜!4回表で横浜打線爆発で結果は?

花咲徳栄2戦目は横浜!4回表で横浜打線爆発で結果は?

2017年の夏の高校野球で優勝した花咲徳栄と、春夏で5回の優勝をしている横浜との対戦です。

試合を3回裏から見始めたのですが、4回表の横浜の攻撃で、1-1から大きく動きがありました。

この流れを変えることはできる?

勝利したのはどちらのチームでしょうか。

 

花咲徳栄2戦目は横浜

 

花咲徳栄は1戦目で鳴門と対戦しました。

このまま花咲徳栄はピンチで負けてしまうのか?

と思ったら、8回で花咲徳栄は逆転して勝利しました。

 

花咲徳栄ピンチ?2018甲子園試合状況や対戦相手の鳴門について

 

8/14の2戦目の対戦相手は、横浜です。

先制は花咲徳栄でした。

 

 

花咲徳栄選手

 

 

 

学年
8 橋本吏功 2
7 杉本直希 3
6 韮沢雄也 2
1 野村佑希 3
5 羽佐田光希 2
4 倉持賢太 3
9 井上朋也 1
10 中田優斗 3
2 田谷野拳世 3

 

 

横浜選手

選手名 学年
5 山崎拳登 3
7 河原木皇太 3
4 斉藤大輝 3
9 万波中正 3
3 内海貴斗 2
2 角田康生 3
13 長南有航 3
10 及川雅貴 2
6 遠藤圭吾 3

 

 

1-1で3回裏まで同点でしたが、4回の表で横浜打線が爆発しました。

5点が一気に入ったところでピッチャー野村投手は交代。

解説者は、「少し遅かったかも」と言っていました。

 

ピッチャー交代(中田優斗)でノーアウト満塁。

1点は追加されましたが、2人を三振に打ち取りました。

点数は6失点で、横浜7-1花咲徳栄

返せない点ではないと解説者は言っています。

4回裏は花咲徳栄は、3者凡退でした。

 

5回表は横浜からですが、得点は入らず0点。

次の攻撃は花咲徳栄です。

デドボールでランナーが出ます。

5回裏、花咲徳栄は得点が入らず後半戦に進みます。

 

6回表、横浜攻撃です。

しっかりと1番バッターが塁に出ます。

2アウトで走塁します。

斎藤打者ががタイムリーヒットでホームイン。

8点目です。

ここできっちりと押さえられるか?

大きい当たりでしたが、スリーアウト。

1点入りました。

 

ニュースの間に花咲徳栄の野村選手にホームランが出ました。

これで6回裏で横浜8-3花咲徳栄となりました。

5点差をどこまで追いつけるか。

2アウト1塁で、中田打者です。

インコースの早い球を見送り、空振り三振になりました。

野村選手にどれだけつなげていけるかが、カギかもしれません。

 

これ以上は点数が入らないようにできるか?

7回表は横浜の攻撃です。

角田打者のライト前ヒットでワンアウト1塁です。

中田投手が2人抑えて7回裏は花咲徳栄の攻撃です。

 

 

最初のバッターはライトのファインプレーで、ワンアウトです。

続く2番手、橋本選手がホームランを打ちました。

ここで、横浜8-4花咲徳栄となりました。

 

7回ピッチャー交代で板川投手が抑えました。

8回表は横浜の攻撃です。

2アウトで3塁と横浜のチャンスです。

解説者は「ここで勝負しないほうがいいですね」と言っています。

ショートとセンターの接触がありました。

こういう時は、外野にまかせた方がいいようですが、スリーアウトになりました。

 

8回裏は、野村選手からの打順です。

点差は4点差です。

調子もあがってきてはいますが、レフトに上がってワンアウトです。

 

5番の羽佐田打者がヒットで1塁に出ます。

6番の倉持打者は、レフト前にヒットを飛ばして、1.2塁と出塁します。

ここで、横浜はピッチャー交代します。

ピッチャーは黒須投手です。

 

バッターは1年生の井上打者です。

井上選手はインコース三振でした。

代打がでます。

14番の島崎選手がつなげることができるか?

2アウトで、サードライナーでした。

勝負をかけた花咲徳栄でしたが、得点が入りませんでした。

 

9回表、1番バッターは大きいあたりでしたが、アウトをとりました。

2番バッターも野村選手の守備でアウト。

2アウトをとりました。

3人で終了して横浜を抑えました。

 

9回裏の攻撃は、花咲徳栄が4点を追います。

最初のランナーはデドボールで1塁に出ました。

ノーアウト1塁。

ランナーを貯めたい花咲徳栄です。

ファーボールを出して、ノーアウト1塁、2塁です。

野村選手まで回るか?

 

杉本選手はフライでワンアウトです。

悪送球で、ワンアウト2塁、3塁です。

ファーボールで満塁で野村選手に順番が回ってきました。

ホームランで同点となるチャンスです。

タイムリー内安打で、ワンアウトで1点追加。

羽佐田選手は打ち上げてしまいました。

2アウト満塁で、倉持選手はデドボールで押し出しです。

ヒットで同点に追いつくか?

バッターは井上選手です。

井上選手は最後は三振でした。

横浜8-6花咲徳栄でした。

 

 

 

 

 

スポーツナビ

ヤフーのスポーツナビというのがあって、自動更新をしておくと、玉の速さや種類までも細かくわかるので、

自宅でテレビが見れない時も、スマホで見ることができるのでわかりやすいです。

 

 

 

おわりに

花咲徳栄の2戦目は5度も優勝している横浜でした。

花咲徳栄が6回裏に野村選手のホームランで得点をつめていきます。

横浜のピッチャー交代で、じわじわと点差をつめていきました。

これだけの点数が開いてしまった8回裏で得点が欲しかったですが、この回は入りませんでした。

ワンアウト満塁で野村選手に打順が回ってくるというチャンスがありました。

9回裏で横浜を追い詰めましたが、8-6で横浜が勝利しました。