Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

豚コレラ2018岐阜市で発見!海外から侵入のうわさで人体の影響や注意は?

豚コレラ2018岐阜市で発見!海外から侵入のうわさで人体の影響や注意は?

友達と電話で話していた時に、「豚コレラが海外から来たみたいで、日本でも感染したみたいだよ」

と言っていました。

豚コレラ?

豚に感染したのか聞くと、そうだと言っていました。

 

そういう話を聞くと、豚肉は大丈夫?

と心配になりますよね。

海外からの侵入したうわさや豚コレラの発生地域、人体の影響などの注意することをまとめてみたいと思います。

 

豚コレラについて

 

skeeze / Pixabay

 

2018年9月9日(日)に岐阜市内で、豚コレラが発見されたことがわかりました。

豚コレラとは、豚がコレラウイルスに感染したということです。

3日に保健所に死亡豚1頭の鑑定依頼がありました。

 

豚コレラの疑いがあったので、精密検査をした所、9/9に豚コレラと判明しました。

日本では平成4年以来26年ぶりの豚コレラが確認されました。

13日に野生のイノシシが死んでいたということも発表されていて、こちらも豚コレラとの関係を調べています。

殺処分した豚は、養豚場では3~7日に計約80頭が死んだのと作業中にも死亡したため、合計で546頭を殺処分したことがわかりました。

かなりの数の豚を飼育していた養豚場だったので、かなりの規模だと想像することができます。

 

 

豚コレラとは

 

豚コレラについて、農林水産省ではこのように説明していました。

人に感染することはないとのことです。

まずは、一安心ですね。

 

平成30年9月9日岐阜県の養豚農場において、我が国では、平成4年以来26年ぶりとなる豚コレラの発生が確認されました。豚コレラは、豚やいのししが感染する病気であり、強い伝染力と高い致死率が特徴です。日本では家畜伝染病予防法で家畜伝染病に指定されています。

畜産農家の皆様方におかれましては、引き続き、飼養衛生管理の徹底や早期摘発のための監視の強化に万全を期していただくようお願いいたします。
なお、豚コレラは豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。

農林水産省参照:http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/csf/

 

 

 

人体の影響について

 

農林水産省が発表した文章を読むと、

豚コレラは人には影響はないということでした。

豚コレラは豚やいのししの病気で、人間には豚コレラは感染しないということで安心しました。

感染豚の肉が市場に出回ることもなく、豚コレラが見つかった養豚場の近くに養豚場はないそうです。

 

このことからも人には、豚コレラについては心配ないことがわかりました。

ところで、豚コレラは海外から侵入したのでしょうか?

 

海外からの侵入といううわさについて

 

今回の豚コレラについては、海外からの侵入ではないかとうわさされています。

それは、過去に日本で発生した豚コレラの遺伝子の配列が異なっていたからです。

さらに、県内の飼育農家に聞き取り調査をした結果は異常なしでした。

そうなると感染ルートは不明ですが、海外から侵入した可能性が強まったことになります。

そして、養豚場周辺の住民からは、不満の声があがっています。

 

住民の不満はなぜ?

 

豚コレラの感染に伴い、13日(木)に養豚場の近隣の住民を対象に説明会が行われました。

出席した100人の住民は不満の声があがっています。

それは、9日に感染が確定する前に近隣住民に知らせておくべきではなかったのか?

ということでした。

 

住民の心配すべき点は、殺処分した周辺の土や水質などです。

殺処分した豚は埋められるそうですが、その周辺の土壌や水質が悪くなるという心配も上がっています。

保健衛生所は8月24日に養豚場に立ち血液検査をしています。

その時点では熱射病と診断されていました。

 

7日の検査で陽性反応が出たので、8月24日の血液も検査すると、豚コレラの疑いがあるという判定が出ました。

なぜ最初の検査で豚コレラと診断ができなかったかについても調査しています。

このことからも住民からは、もっと早く診断できていたのではないかとの不満もあったと思いました。

 

 

豚肉はよく焼いてから食べる

HaiRobe / Pixabay

 

豚肉はよく焼いてから食べるということは、子供のころから言われていました。

それが、「なんで豚肉だけはよく焼かないといけないの?」とずーっと思っていました。

その理由については、生の肉には食中毒菌がついているからです。

 

 

E型肝炎やサルモネラ、カンピロバクターなどによる食中毒の発症につながる可能性があります。

実は昔、豚肉ではありませんが、食中毒になって苦しい思いを1度だけしたことがあります。

食中毒のあのつらい思いは絶対にしたくないのですが。

 

それでは、生焼けの豚肉を食べてしまったらどうしたらよいでしょうか?

豚肉を食べてから7日以内に症状が出なければ、心配はしなくて大丈夫です。

 

 

東京都の福祉保健局では、このような特徴が書かれてあります。

参照:https://food-faq.jp.net/modules/faq/?action=Detail&faqid=55

 

7日以内に、激しい腹痛や下痢、発熱、などの症状が出た場合は、医療機関を受診してくださいね。

 

豚コレラの記事を見ていると豚肉を食べたくなった私(笑)
いつも何かのお祝いの時に注文しているじゃぶじゃぶお肉を紹介しておきますね♪

豚肉はよく火を通して食べましょう。

【ふるさと納税】都城産「前田さん家のスウィートポーク」バラエティ&しゃぶしゃぶ4kgセット

楽天で購入

 

おわりに

 

豚コレラとことを友達から聞いて、すぐに人に対する影響が怖かったので調べてみました。

人体の影響はないということで安心しましたが、もともと生の肉には食中毒菌がついているので、

よく焼いて食べないとお腹を壊すということを子供の頃から言われていました。

 

食中毒の怖さも知っていましたが、実際に調べてみるととても勉強になりました。

食中毒が及ぼす影響が、下痢や腹痛、頭痛などや7日以上なんでもなければ大丈夫ということがわかりました。

ぜひ参考にしてみてください。