Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

三角表示板はどこに売っているか調査!値段や使い方動画もご紹介

三角表示板はどこに売っているか調査!値段や使い方動画もご紹介

三角表示板って知っていますか?

そう、赤い三角の形をした物です。

車に乗る人なら知っていると思いますが、車が故障などで停車している時に見たことかもしれません。

 

その三角表示板って普段車に置いていますか?

私も知らなかったのですが、高速道路で事故や故障で停車させる時は三角停止表示板の表示義務となっています。

万が一、三角表示板がないと罰則になってしまうんですよ!

 

そこで、三角表示板はどこに売っているか調査しました。

値段や使い方動画もご紹介したいと思います。

 

 

 

三角表示板の義務

 

 

三角表示板って義務だと知っていましたか?

私が新車の車を買い替えた時には、三角表示板は装備されていませんでした。

だから、三角表示板は義務ではないんだと思っていました。

 

高速道路は数回ほどしか利用していませんが、義務だとは知らないので、三角表示板を車に置いていませんでした。

知らないってことは怖いことですね。

何かあってからでは遅いのに・・・

 

三角表示板はいつから義務になっていたのでしょうか?

ウィキペディアによると、2009年3月とありました。

 

2009年3月現在、日本国内の道路交通法規則上では、高速道路上でやむなく駐停車する場合に、三角表示板または停止表示灯の停止表示器材を設置しなければならない。積載義務でも購入義務でもなく設置義務であるため、仮に車両に積載していない状態で高速道路を走行しても違反とはならない。この義務に違反した場合は「故障車両表示義務違反」となり、点数は1点、反則金は6千円が課せられる

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%A7%92%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E6%9D%BF

 

 

三角表示板がなく高速道路を走っていても違反とはならない。

三角表示板の購入の義務も積載義務もない。

ただし、高速道路上で故障や事故などで駐停車する場合は三角表示板や停止表示灯の停止表示器材を設置

しなくてはならない。

 

もしもこれに違反した場合は、故障車両表示義務違反となります。

さらに点数が1点マイナスとなり、反則金は6千円が徴収されることになります。

 

道路交通法にもこのように書いてあります。

道路交通法施行規則 第二章の六 停止表示器材の基準
制度の概要
高速自動車国道等において故障その他の理由により自動車を運転することができなくなったときは、当該自動車等が故障その他の理由により停止しているものであることを表示するために運転者が後方から進行してくる自動車の運転者が見やすい位置に停止表示器材を置かなければならない

 

停止表示版については、赤色反射材を備えた三角板であればいいそうです。

では、 停止表示器材についてはどうなのかというと、紫色で点滅発光する物でなければならないみたいです。

なんかややこしいですね。

 

早く言ってしまえばこれです^^

パトカーのランプみたいな感じかな?

紫色だけど・・

でもお値段は三角表示板よりもかなり高いですね。

パトライト(PATLITE) 流線型回転灯 KW-12 DC12V車用回転灯 パトランプ 紫 在庫あり停止表示灯、シガーソケット
高速道路で車をやむおえず停車させる場合は、三角表示板か停止表示灯を設置する義務があるということが

わかりました。

 

三角表示板を購入する義務も載せていないといけないという義務もないのは、車に乗る人がすべて高速道路を

利用するとは限らないからだと思いました。

 

逆に、高速道路を利用する場合は、万が一のことを考えると最低でも三角表示板を載せておいた方が安心です。

もらい事故でも停車させるかもしれませんので・・・

罰金で6千円は大きいですよね。

 

 

 

三角表示板はどこに売っている?

 

高速道路を乗る人は三角表示板を載せておいた方がいいと思います。

万が一停車させることがあるかもしれませんので。

じゃあ、どこに売っているの?

三角表示板について調べてみました。

 

カー用品が売っているお店などにも確認しました。

1.000円くらいで販売しているそうです。

カー用品ショップと言えば、イエローハットオートバックスオートアールズなどが近所にありました。

後は、カー用品コーナーがあるお店などで、ホームセンターにもあるかもしれません。

 

ネット通販売れ筋は?

なかなか買いに行くのが忙しいという場合は、ネット通販にも三角表示板はありました。

売れ筋やレビューを見ると、楽天ではこちらが人気のようです。


【予約販売】【送料無料】三角停止表示板(三角停止板)【アムス MS62】 Warning Sign SG 昼夜間兼用型 ECE規格適合品 収納ケース付 事故防止【RCP】

 

軍手もついていて便利なものがこちらです。

軽すぎず風で飛びにくい三角表示板


風で飛びにくい!エマーソン 三角停止表示板 EM−351 【送料込み・オマケの軍手つき】EM-351 三角停止表示板 三角表示板

 


在庫有り エマーソン 三角停止表示板 ケース入り EM-352 三角表示板 三角停止板 ニューレイトン ※お一人様25個まで
ベストまでついていれば安心ですね^^

風で飛びにくい!三角停止板&蛍光安全ベストセット【送料込み・オマケの軍手つき 】EM-351 三角停止表示板 三角表示板

三角表示板の組立と設置動画

 

三角表示板の組み立ては簡単です。

初心者でも簡単に組み立てられますが、事前に知っておくともっといいですよね。

そして、設置場所についてもどの程度車から離せばいいのかなどの目安になりますよ。

車の50m後ろに三角表示板を置くのは、けっこうな距離があることが確認できます。

 

【安心・安全】特集 三角表示板
参照:https://www.youtube.com/watch?v=ds5b-ffE1ec

 

 

おわりに

三角表示板って高速道路では車を停車させる時には載せていないと違反なんですね。

普段は利用しなくてもいざという時のために購入することにしました。

安い物だと1.000円くらいで購入できて、コンパクトになっているので、邪魔にならないから普段から

載せておいてもいいかなと思いました。

この機会に、動画でも設置の仕方なども確認することができたのでよかったです。

参考にしてみてください。