Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ニュースエブリー放送のエッグタルトはどこ?10/23紹介のお店を調査!

ニュースエブリー放送のエッグタルトはどこ?10/23紹介のお店を調査!

10/23(火)放送のニュースエブリーでは、おいしそうなエッグタルトを紹介していました。

ここ最近、エッグタルトにはまっていて、池袋の駅のエッグタルトや成城石井だったりと

食べ比べをして楽しんでいました。

日テレのエブリーで放送された特集、「売れているてみやげ」で紹介されたエッグタルトが、

1日で800個も売れたことがあるというので、食べてみたいと思いました。

お店について調査してみたいと思います。

 

ニュースエブリー放送のエッグタルトはどこ?

 


ニュースエブリー10/23に放送された「売れているてみやげ」のエッグタルトが気になりました。

そこで、どこのお店なのかを調べてみました。

お店に行かれる方は、青い屋根が目印です。

夫婦二人で作り上げたナタ・デ・クリスチアノの玉子タルト

ナタ・デ・クリスチアノ

東京都渋谷区富ヶ谷 1-14-16 スタンフォードコート 103
TEL 03-6804-9723
営業時間 10:00~19:30 年中無休

こちらが最寄り駅になります。

千代田線「代々木公園駅」1番出口徒歩3分
小田急線「代々木八幡駅」南口徒歩3分

 

エッグタルトナタ・デ・クリスチアノは、

生地がサクサクしているみたいですね^^

おいしそう。

お店では玉子タルトというそうです。

 

 

ポルトガルで知らない人はいない、日本のお菓子なら「おまんじゅう」くらいの知名度なお菓子です。ポルトガルでの愛称は「Nata(ナタ)」。ナタはクリームという意味です。
「ベレン」というリスボンの中心から少し離れた町の修道院で作られたお菓子。もともとは洗濯した後の衣類やシーツののり付けに卵白を使い、黄身がたくさん余ってもったいなかったので作られたお菓子なのだというお話があります。
今でもこの修道院の近くには、ポルトガル一のエッグタルト店「Pastel de Belem(ベレンのタルト)」として、一日2万個も3万個も販売しています。
はじめてこのお店で食べたエッグタルトの美味しさは、どこのエッグタルトよりも美味しくて、今でも忘れられません。このお店を始めたのも、ベレンのタルトのような心に残るモノを自分で作れたらいいなあ、という憧れから開店しました。
だから、クリスチアノの「ナタ」は妥協はしません。重たすぎず軽すぎない美味しいクリーム、自然な甘みとねっとりしすぎない黄身の優しい玉子、旨みのある吸水性の良い国産小麦粉、香りが良く乳量の少ないバター、そしてポルトガルから届く、大西洋の旨みがギュッと詰まった塩気の強い塩。
これを高温のオーブンで焼き上げることで皮はパリパリして、中のカスタードクリームがとろりとした仕上がりになります。塩気の効いたパイ生地がお酒にも合う幸せなお菓子です。
夏の湿気には弱いので、湿度の高い時期は冷蔵庫や冷凍庫で冷やして食べることをお勧めしています。
参照:http://www.cristianos.jp/nata/menu.html

 

 

 

 

通販で買えるエッグタルト

お店に行かなくても通販で購入することができます。

送料が860円かかりますが、電車代をかんがえると通販の方がお得な場合は、

送ってもらうのがいいかもです。

 

公式サイト

 

 

 

 

まとめ

1日に800個も売れたというエッグタルトが気になって調べてみました。

エッグタルトは、ナタ・デ・クリスチアノというお店で、玉子タルト(パステルデナタ)

という名前で販売されています。

 

サクサクしたパイ生地とカスタードクリームの相性はバツグンです。

お店には近いうちは行けそうもないので、通販で頼もうかな?

参考にしてみてください。