Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

松田力也は父親よりすごい?筋肉やかわいい一面が体育TVで紹介!

松田力也は父親よりすごい?筋肉やかわいい一面が体育TVで紹介!

2/16の炎の体育会TVでは、「世界で戦う日本人」が紹介されます。

競泳やスノボなどの競技やラグビーなどでは、五郎丸選手が登場します。

その中で、あまり知らない選手が登場します。

松田力也(まつだりきや)選手です。

 

ラグビー界では有名な選手のようですが、個人的に知らない選手でした。

今回、現役日本代表キッカー…松田力也(24) と紹介されていたので、松田選手について

まとめてみました。

 

24歳と若い選手ですが、背番号10番と司令塔でキックもすごい選手なんですね。

父親との別れなどもテレビで紹介されると思います。

 

 

炎の体育TV登場

 

2/16(土)の炎の体育TVに松田力也(まつだりきや)選手が登場します。

今回は2時間スペシャルで、世界で戦う日本人が登場します。

競泳やスノボなどもありますが、松田力也選手が登場するのはこちらのラグビーチャレンジです。

 

1)★日本No.1キッカー“五郎丸歩”参戦★新企画「ラグビー100秒チャレンジ」
▽8カ所のエリアから100秒以内にゴールを決めろ! ▽パーフェクトを達成したのは…一体誰? ▽太もも69cm…ラグビー強豪国トンガの怪物高校生 ▽現役日本代表キッカー…松田力也(24)

 

こちらを見ると、五郎丸選手も参戦するみたいですね。

このラグビー100秒チャレンジに挑戦するみたいですが、パーフェクトを達成した人がいるのかな?

果たして誰がパーフェクトを達成したのか、その選手も気になるところですね。

そして、松田力也選手については、現役日本代表キッカーと紹介されています。

 

見どころ満載な内容となっていますね。

さらに、松田力也選手を掘り下げてみたいと思います。

 

 

松田力也選手とは

 

ラグビーは五郎丸選手が活躍されてから有名になったような気がします^^

あまりラグビーに詳しくないので、選手は五郎丸選手くらいしか正直わかりませんでした。

松田力也選手とはどんな選手なんでしょうか?

 

24歳って年齢的に若いと思うのですが、日本代表選手で現役で活躍されている松田力也選手のプロフィール

を紹介します。

松田選手は、現在パナソニックワイルドナイツに所属しているんですね。

 

名前
松田 力也 [ Matsuda Rikiya ]
ポジション
SO スタンドオフ
身長/体重
181cm/92kg
生年月日
1994年5月3日
出身大学
帝京大学
参照:https://panasonic.co.jp/sports/rugby/about/
身長 181cm、体重 92kgと身長も大きい選手ですが、体型はガッチリした感じです。
U20日本代表の主将も務めた経験を持っています。

 

笑うとえくぼがかわいいですね^^

 

松田力也選手は父親よりすごい

6歳からラグビーを始めたそうですが、お父さんの影響が大きいようですね。

実は、松田選手のお父さんは松田選手が10歳の時に病気で亡くなっています。

松田選手が試合で肩を痛めて帰ったその日、昼寝中にくも膜下出血で帰らぬ人に・・・

 

そんな悲しい過去もあったそうです。

ラガーマンであった父親は花園の夢は果たせなかったのですが、松田力也選手は高校ラグビーの聖地、

花園出場を果たします。

伏見工業1年で花園に出場はすごいです!

キックの高さもこの通りです。

 

 

 

 

松田力也選手の筋肉

ラグビーで鍛えているので、松田力也選手の筋肉もすごいですよね~

こちらの動画では、高校時代の頃の松田力也選手と比較することができますが、胸板の厚さも

全然違いますね^^

ラグビーワールドカップ2019年の思いも語っています。

 

参照:https://www.youtube.com/watch?v=G56VY5jwJr4

 

まとめ

2/16に放送される炎の体育TVに、ラグビーの松田力也選手が登場します。

普段の試合では見せないような表情も期待したいです^^

笑うとえくぼが見えるかわいい顔になるとこが見れるか、個人的には注目しています。

 

家族のことも悲しい思いでもあると思いますが、父親と目指したラグビーでは、花園にも1年で

出場しているのはすごいと思いました。

2019年のラグビーワールドカップも期待したいと思います。

参考にしてみてください。