Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

業務スーパーのおすすめは牛乳パックデザート!ランキングや鮭フレークの秘密も

業務スーパーのおすすめは牛乳パックデザート!ランキングや鮭フレークの秘密も

2/17の坂上&指原のつぶれない店では、業務スーパーの秘密が紹介されていました。

牛乳パックデザートの人気がすごかった^^

ランキングトップ10の中に5つも入っていました。

 

そこで人気ランキングトップ10や鮭フレークなど、どうしてコスト削減できるのかを

まとめてみました。

 

業務スーパーのおすすめは牛乳パックデザート

業務スーパーのスイーツトップ10が紹介されていました。

こちらからランキングを見てみましょう。

5つも牛乳パックデザートが入っていましたよ。

 

10位

白玉団子

66個入り1キロ275円

 

9位

牛乳パックデザート

杏仁とうふ

1キロ入り 248円

 

8位

牛乳パックデザート

レアチーズ

1キロ 275円

 

7位

ぷち大ぶく46個入り

1キロ 275円

 

6位

 

リッチショコラケーキ

 

500g 277円

 

アレンジレシピ

半分にカットしたリッチショコラの真ん中をくり抜き、砕いたチョコを入れてレンジでチンすれば、

フォンダンショコラの完成!

 

5位

牛乳パックデザート

カスタードプリン

1キロ 195円

アレンジレシピ

カスタードプリンを湯煎でとかし

パンにしみこませてフライパンで焼くと、ふわふわのフレンチトーストになりますよ^^

 

4位

牛乳パックデザート

水ようかん

1キロ 195円

 

3位

リッチチーズケーキ

500g 277円

コスパ最強スイーツとして

 

2位

牛乳パックデザート

コーヒーゼリー

1キロ 158円

さっぱりとした苦みがくせになりそう。

 

1位

チューロス

500g 97円

年間300万袋も売れているそうですよ。

 

 

牛乳パックデザートが人気ランキングに5個も入っていました。

そこで、スタジオでは、坂上忍さんと中村倫也さんも牛乳パックデザートのプリンをパックから

出しました。

初めての体験ということで、不思議でくせになりそうと言っていました^^

 

業務スーパーの安さのカギは、工場の生産ラインが二刀流だそうですが・・・

二刀流って?

業務スーパーの安さの秘密は

愛知県豊田市にある工場に行ってみると、タンクの中にはようかんに使うあんこが入っています。

二刀流工場とは、1つのラインやマシンで作ることで、コストが削減できるといいます。

2週間で11種類も牛乳パックデザートを作っていました。

 

 

国産大豆で「ちょっと大きめのおとうふ」も豆腐の生産ラインで二刀流で作っていました。

機械の設定を変えることで、次の日にはチーズケーキを作っていました。

とうふの生産ラインで豆腐とチーズケーキは工程が同じだそうです。

 

このように白玉とチューロスも二刀流で作られていました。

沼田社長のお父さんが考案したそうです。

 

世界初のコスト削減マシーン

ふわふわの玉子焼きはどんな工程で作られているのでしょうか?

エッグロボというマシーンで卵焼きで作ると20秒でできるそうです。

卵焼きをローラーがくるくると巻いていきます。

完成まで18秒、型であっという間に厚焼き玉子が完成できます。

 

若どりむね2キロ820円の秘密は、マシーンで大幅削減することができます。

世界初のコスト削減マシーンとは?

イールダスアイは人の手でやると面倒なことは、鶏肉になにをすることでコスト削減をして

いるのでしょうか?

 

むね肉、ささみ、手羽先、手羽元、ささみなど部位ごとに

1羽ずつ鶏肉をカットしてくれます。

1時間で1.500羽も処理することができるそうです。

あっという間に解体することができる機械でした。

 

商品開発にこだわる

業務スーパーの商品開発は0.01円までこだわっています。

業務スーパーの商品づくりのポイントは、安く良いものを作るか?

だといいます。

 

絶対に突破しなければならないプレゼンとは?

すべて社長が最終チェックをしています。

週に3日もプレゼンを行っているそうです。

 

 

ほうじ茶ラテプリンをプレゼンする色素を使っていたのが、茶葉を使うそうです。

ここでコスト削減につながるといいます。

現行よりも5.8円削減できるということで、見事工場でのテストにこぎつけることができました。

 

鮭フレークはどんな工夫でコストを削減したのでしょうか?

 

カルシウム入りの鮭フレークが登場しました。

「うちの子にも食べさせたい」親ならそう思う人も多いと思います。

鮭の骨も一緒に加工して食べられるようにしていました。

 

なので、原料も安くできてコスト削減もできるようになったそうです。

まさか骨が入っているなんて知りませんでした。

Ca鮭フレーク160gが148円とお安いですね^^

 

 

まとめ

2/17の坂上&指原のつぶれない店では、業務スーパーの秘密が放送されていました。

普段気にいって買う商品とは違う商品を見ることができたので、楽しめました。

牛乳パックデザートは気になっていたのですが、あまりにも量が多いと思って

買うのをためらっていました^^

 

ですが、おいしいことがわかったので、今度買ってみたいと思います。

特にチーズケーキが気になりました。